義村クリニック

HOME > 

お知らせ

家族交流会のお知らせ 平成30年10月20日(土)
 

家族交流会を開催します。当院に通院しておられる患者さんのご家族が対象です。
患者さんへの対応や病気に関する理解など、お一人で悩まず、みんなで語り合ってみませんか。
詳細は添付ファイルを御覧ください。 *[PDF書類]

[詳細記事≫]

2018年度集団認知行動療法開催のお知らせ
 

今年度2回目の開催です。
予約受付中です。人数制限がありますので早めの予約が必要です。
詳しくは添付ファイルを御覧ください。 *[PDF書類]

[詳細記事≫]

第43回九州集団療法研究会 平成29年11月25日(土)於;油山病院 福岡市
 

院長がコメンテーターとして参加

[詳細記事≫]

家族交流会のご案内 平成29年11月18日(土) 於;当院デイ・ケアルーム
10時半から12時半まで 

 家族交流会を催します。当院に通院しておられる患者さんのご家族が対象です。
当院での取り組みのご案内や、院長との1時間のディスカッション、家族間交流などの時間を設けますが、詳細は準備中です。

[詳細記事≫]

第108回福岡家族臨床研究会 平成29年9月16日(土)17時 於;当院デイ・ケアルーム
 

守秘義務を守ることのできる専門家のみのための勉強会です。興味のある方はどうぞご参加ください。事前の予約は不要ですが、会費500円が必要です。

[詳細記事≫]

第10回うつ病リワーク研究会  平成29年4月22、23日 福岡市にて開催
 

院長発表「リワークにおける精神力動的視点の重要性」
院長特別講演座長

[詳細記事≫]

福岡大学人文学部にて「精神医学概論」講義
 院長が非常勤講師として平成29年4月18日から7月15日までの前期に毎週講義 

[詳細記事≫]

第42回九州集団療法研究会 平成28年11月26日(土)於;大分市
 

院長がコメンテーターとして参加

[詳細記事≫]

院長講演「生活相談に必要なメンタルヘルスの基礎知識」
福岡県警生活指導員研修会 平成28年10月20日 於;福岡県警本部 

[詳細記事≫]

福岡大学人文学部にて精神医学概論講義
非常勤講師として平成28年4月14日から7月21日までの前期に毎週講義 2016/10/1(土)

[詳細記事≫]

福岡家庭裁判所事例検討会 平成28年1月28日(木) 於福岡家庭裁判所
少年事例について院長が講師(スーパーバイザー)としてアドバイス 2016/10/1(土)

[詳細記事≫]

「精神科医療機関を対象とした就労支援セミナー in 福岡」にて院長シンポジスト参加
平成27年11月14日 於;福岡大学 日本精神神経科診療所協会主催 2015/11/5(木)

[詳細記事≫]

院長講演「精神障害についての理解を深めるために」
平成27年11月12日 福岡高等裁判所 2015/11/5(木)

[詳細記事≫]

院長講演「難治症例に対してリワークの果たす役割〜うつ状態等の症例〜」
2月21日(土)Depression Seminar in 鹿児島 於城山観光ホテル 2015/2/9(月)

[詳細記事≫]

福岡家庭裁判所事例検討会 1月22日(木) 於福岡家庭裁判所
少年事例について院長が講師(スーパーバイザー)としてアドバイス 2015/2/9(月)

[詳細記事≫]

第40回九州集団療法研究会 11月15日(土)於大牟田市
 2014/9/30(火)

リワークについての発表に対して院長がコメンテーターとして参加

[詳細記事≫]

院長講演「上がり症は治療の必要があるのか?治るのか?〜うつ病との関連」
12月17日(火)糟屋地区うつ病治療セミナー 於ホテルセントラーザ博多 2013/12/20(金)

[詳細記事≫]

院長講演「難治症例に対してリワークの果たす役割」
11月22日(金)うつ病治療臨床講演会 於ホテルニューオータニ博多 2013/12/20(金)

[詳細記事≫]

院長講義「教科書には書いてないメンタルヘルスの知識」「家族療法」
11月14日(木)於福岡家庭裁判所 2013/11/19(火)

[詳細記事≫]

リワーク参加希望の方について
他院通院中の方へ 2013/2/28(木)

 当院通院中の方はもちろん、他院通院中の方も主治医の紹介状があれば参加可能です。
 しかし治療効果を考えますと、当院に転院していただきで薬物療法、精神療法も含めて総合的に治療を行う方がはるかに効果的と感じています。

 当院に通院しリワーク参加中の方々は、スタッフのリワーク集団内での状況把握のみならず、主治医診察時の精神症状の把握や会社からの情報などを総合的に判断して治療が進められます。
毎朝晩の申し送りや週1回の報告ミーティング、院長とリワークスタッフとのミーティング、月1回のフリーディスカッションなどでも治療状況について話し合います。そのため当院通院中の方々は精神療法、薬物療法など医師の診察もきめ細かく行うことができます。

 しかし他院から参加の方々は当院リワークに参加することで規則正しい生活指導を行うことはできても、そうした主治医と総合的に本人の問題点をより深く掘り下げることやきめ細かな薬物療法はできません。
これまでの経験から治療効果にはかなり差が生ずると言わざるを得ません。

 不安はあるでしょうが、主治医を交代して当院に転院していただき総合的に治療を受けられることをお勧めいたします。

 もちろん、最初から主治医を変え転院に踏み切るのは不安なことと思いますので一度、当院を受診されてご相談いただくのが良いと思います。
こちらも病状等からリワーク参加が妥当かどうかの判断をさせて頂きます。
そうした場合もなるべくこれまでの経緯がわかる紹介状をお持ちになる方がよろしいと思います。

 当院の精神科医療に対する考え方はこのホームページをお読みいただければご理解いただけると思います。

[詳細記事≫]


このページの上へ

Copyright(C)YOSHIMURA CLINIC. All Rights Reserved.